DSC_2490a
開成町にある、古民家「瀬戸屋敷」でのひなまつり展示です。
年々来場者が増え続けているとのことで、テレビ取材なども増えてい
るのだそうです。
DSC_2503a
こういう場所での撮影は「手持ち撮影」が基本だと思います。
充分なスペースが無いため、三脚使用は他のお客さんの迷惑必至です。
DSC_2525a
だから自身のカメラの高感度耐性テストにうってつけです。
DSC_2515a
この日の絞りはほとんど開放気味。
レンズに手ブレ補正機能が付いていないため、焦点距離×2の数を
最低シャッタースピード厳守にして撮りました。
DSC_2525a
ISOがガンガン上がりますが、手持ち撮影のためシャッタースピードを
確保しなければならないため仕方ありません。
DSC_2537a
最高上限をISO12800に設定して撮り始めましたが、やはり電球照明の
室内ではほとんどのシーンで上限に達する勢いでした。 
DSC_2545a
僕が使っているカメラでは、やはり理想はISO6400止まりだと実感し
ました。
DSC_2574a
画面中央の光源は電球です。
DSC_2581a
吊るし雛もたくさんあって可愛いです。
へのへのもへじにピントを合わせました。
DSC_2583a
和の世界を満喫できます。 
DSC_2595a
口に手をあてて笑ってる姿が今風だと思いました。 
DSC_2596a
立派なお人形さんも展示されています。
DSC_2609a
DSC_2610a
渡り廊下での展示。
DSC_2615a
こちらは江戸時代のお雛様だそうです。しばし見とれてきました。
瀬戸屋敷ひなまつりは例年、2月中旬から3月上旬まで。
2019年度は3月3日までとのことです。
※南足柄市郷土資料館のひな祭り「森のひなまつり」は、例年3月末日まで
開催しているはずです。直接お問い合わせください。